2014年05月01日

やらかしました

うっかりコードを引っかけて充電中のDSiLLを床に落っことしてしまい、下画面の
液晶が表示できなくなってしまいました。(´・ω・`)
20140424_073838.jpg
この時は半分位下画面が見えてますが作業中にさらに可視範囲が減りました。

幸い最寄りのBOOKOFFで傷有りの中古のDSiLLが4980円で売ってましたんで
それを購入してニンテンドープリペイドカード1000円を購入して
プチコンmkIIをインストール。ここまではいいんですが液晶が割れて
しまったDSに入ってるプチコンのプログラムをコピーしないといけません。
修理に出すと中身が消される恐れがあるそうなんで必須の作業です。

とは言っても一つ一つファイル名を打ち込んでSENDFILEで転送と
なるとそれだけでも手間ですしファイル名を打ち込むにはキーボード部分の
表示も不十分で非常に効率が悪いのでどうしようかとしばし考えました。

と、ここで自作のツールの中にFILES命令で表示されたファイル名を
取り込んでuxtunoさん作のテキストエディターUX_TXTED
そのデータを渡すOT7FNGETが有るのを思い出しまして
これを使用してファイル送信ツールOT7FSEND用にデーターを
作成して幸いわずかに見えるキーボードを操作してなんとかデータを
新しいDSに移動できました。

OT7FSENDOT7FRECVを利用してファイルを転送】
20140424_115951.jpg

DSの置き場所には注意したいものです。^^;;;

【スマイルブームさんにお願い】
印刷して下画面に重ねて置くと液晶表示がされていなくても
キーボードの入力ができるようなシートの画像データを公開して
頂けると今回のようなトラブルの時に比較的作業が楽になると思います。
タッチ機能だけ生きてる場合はデータの転送だけでもしたいですからね。

あ、でも画面サイズが違うからDSi、DSiLL、3DS、3DSLL用を
公開する必要がありますね。大変かな?
posted by otta777 at 09:21| Comment(0) | プチコンmkII | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

OT7FNGET プチコンの中のリソース名情報を取得するツール 

プチコンの中に保存されている、プログラム、CHRデータ、COLデータ、
GRPデータなどファイルの受け渡しをすするのにFC2準拠の転送プログラムを
使う場合には作者名とリソース名をDATA文で登録する必要があるので量が多いと
大変ですよね。

FILES命令でリソース名は表示できるんだからそれを取り込んででDATA命令
形式のテキストに加工してテキストエディターに渡してファンクションキーに
定義すればFC2準拠の転送プログラムにそのリソース情報を渡せますよね。

と言う訳で作ってみたのがこのOT7FNGETです。FileNmageGETの略です。
取り込んだデータはuxtunoさん作のUX_TXTEDが無いと役に立ちません。
動作確認はVer 0.82で行いました。

作成されるデータの形式は
「DATA "author","filename"」
となりauthorの部分は@INITのAU$="xxx"で設定しています。
実行前に任意の作者名に変更して下さい。

最初に実行する場合はリソース名情報を初期化する必要があるのでRボタンを
押しながらSTARTボタンを押して下さい。
20131012_235514.jpg

初期化後にリソース名の取り込み方法の指示が出ます。
基本的には指示回数だけAボタンを押した後にSELECTボタンを押してから
STARTボタンを押して下さい。STARTボタンを押すとFILESコマンドで表示した
リソース情報を取り込んで次の取り込みのための操作方法が表示されます。
20131012_235454.jpg

取り込みが終わったと判断された場合はテキストエディターに渡すデーターを
作成するか確認を求められます。
20131013_002619.jpg

Aボタンを押すとデータを作成してテキストエディターを起動するための操作が
表示されるのます。Aボタンを2回押すとテキストエディターが起動します。

取り込み忘れなどに気がついている場合はBボタンを押して取り込み忘れた情報を
取り込んで下さい。指定回数Aボタンを押してからリソース名を取り込もうとして
重複と表示される場合はAボタンを押し過ぎてそれ以前のリソース名の情報を
取り込み損なっている可能性が高いので取り込みミスをしていないかAボタンを
押す回数を減らしてリソース名の取り込みを試して下さい。
20131013_002702.jpg

テキストエディターを起動するとOT7FNGETで作成したデータを取り込んで
起動します。

データは
「'***」で区切られています。一度にファンクションキーに登録出来る文字数の
目安となるマークです。リソースの数が多いと一度にファンクションキーに全ての
リソース名を登録出来ないので複数回に分けて下さい。
20131013_024726.jpg

Xボタンを押して範囲指定モードにしてから↓ボタンを押して'***マークの
手前までを範囲指定して下さい。
20131013_024755.jpg

STARTボタンを押してメニューを表示してファンクショントウロクを選択し
Aボタンを押すとファンクションキーに登録出来ます。
20131013_024815.jpg

任意のプログラムを呼び出して編集モードでファンクションキーを1〜4まで
順番に入力すると登録された内容が入力されます。
20131013_024849.jpg

プログラムを上書きした後にファンクションキー5を押してテキストエディターを
起動するとリソース名情報は保持されて起動します。
この際にCLEAR命令を実行してはいけません。待避データが消えてしまいます。
この作業を繰り返して下さい。

このデータはこうやま氏作のKYMFC2や拙作のOT7FSENDで利用可能です。

QR0
OT7FNGET_qr0.jpg

QR1
OT7FNGET_qr1.jpg
QR2
OT7FNGET_qr2.jpg
posted by otta777 at 03:09| Comment(0) | プチコンmkII | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

OT7FSEND/OT7FRECV バージョンアップ

以前公開したOT7FSEND/OT7FRECVでは転送ファイル情報をファイル数によって
MEMまたはGRPリソースを選択するようになっていましたが
おちゃめさんのCHRローダー/セーバーを組み込みしてCHRリソースを使用することで
リソースの選択が不要になりました。
と言う訳でバージョンアップ版を公開いたします。
使用方法はほぼ一緒ですが以前の物から「タイリョウノ ファイルヲ ○○シマスカ?」の
質問が無くなっています。それ以降の操作は一緒ですので以前の記事を参照して下さい。

OT7FSEND
fsend_qr0.pngfsend_qr1.png

fsend_qr2.png

OT7FRECV
frecv_qr0.pngfrecv_qr1.png
posted by otta777 at 23:03| Comment(0) | プチコンmkII | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。