2013年10月13日

OT7DOTED セミグラフィックドットエディター

セミグラフィックキャラ(キャラクターコードの129〜143)を使って
ゲームのタイトル画面や大きな文字を表示してみたいと思った事は
ありませんか?しかし編集画面でセミグラフィックキャラをぷちぷちと
打ち込んでいくのはとても労力が要りますよね。自分もそういう作業をして
手間が掛かることや絵のセンスの無さに泣かされました。

そこでプチコンで画像編集してセミグラフィックのデータに変換した方が
楽でしょと思って作ったのがOT7DOTEDです。
編集できるのは横64ドット、縦48ドットの単色のグラフィックです。
これをセミグラフィックキャラクター横32×縦24のテキストデータに変換し
ファンクションキー1〜4に登録します。
任意のプログラムにPRINT命令として埋め込めます。

プログラムを実行すると上画面に緑色の枠が表示されます。
これが下画面の編集画面の場所と大きさを表しています。1倍の時は横64ドット、
縦48ドットになります。
20131013_101830.jpg

その右側には現在の編集エリアの表示倍率、編集エリアのオフセット位置、
ペンの状態が表示されています。
下画面はタッチペンで画像編集ができます。ペンの状態をオンにしてタッチすると
点が打たれ、ペンの状態をオフにしてタッチすると点が消えます。
ペンの状態はRボタンで切り替えができます。
この画面は倍率を1倍、2倍、4倍にLボタンで切り替えることができます。
20131013_101858.jpg

2倍、4倍を選択した場合は現在の編集エリアの位置が上画面の緑色の四角で
囲われた部分になります。これは上下左右の十字ボタンで移動ができます。
細かい修正をしたい場合に2倍、4倍に拡大すると編集がしやすくなります。

Aボタンを押すと拡張機能のメニューが表示されます。十字ボタンの上下で
カーソルを移動しAボタンで決定します
20131013_101914.jpg

モドル
・編集画面に戻ります。
クリア
・編集画面をクリアして編集画面に戻ります。
Fキーにセット
・編集画面の絵をセミグラフィックキャラクターに変換してファンクションキーに
 PRINT命令の羅列として登録します。ファンクションキー1〜4に登録します。
ロード
・編集画面の絵をを破棄してセーブで記録した編集画面の絵を読み込みます。
 OT7DOTEDでセーブしたCHRリソース以外は読み込まないように
 チェックしています。CHRリソースを使用します。
セーブ
・編集画面の絵を記録します。OT7DOTEDで作成したCHRリソースだという
 情報が記録されます。CHRリソースを使用します。

ロード、セーブにはおちゃめさんのCHRローダー/セーバーを使用しています。

セーブやロードではファイル名の入力を行います。
20131013_101930.jpg
十字キー左右ボタンでカーソルを移動します。文字はカーソルの位置に
挿入されます。BSキーを押すとカーソル位置の一つ前の文字を削除します。
Aボタンでファイル名を決定,Bボタンでセーブ、ロードをキャンセルして
編集画面に戻ります。

作成したセミグラフィックキャラクターデータをチェックする機能があります。
327行付近のコメント行にココニ ヒョウジナイヨウヲ ソウニュウと
あるのでカーソルをその行の行頭に移動して挿入モードでファンクションキーの
1から4までを順番に操作してPRINT命令の羅列をプログラムに組み込みます。
20131013_102003.jpg
Lボタンを押しながらRUNするとこの画像データを表示します。
無限ループにしているので停止するかSELECTボタンを押して下さい。
20131013_102014.jpg

QR0
OT7DOTED_qr0.jpg
QR1
OT7DOTED_qr1.jpg
QR2
OT7DOTED_qr2.jpg
QR3
OT7DOTED_qr3.jpg
QR4
OT7DOTED_qr4.jpg
【関連する記事】
posted by otta777 at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。