2013年10月13日

OT7FNGET プチコンの中のリソース名情報を取得するツール 

プチコンの中に保存されている、プログラム、CHRデータ、COLデータ、
GRPデータなどファイルの受け渡しをすするのにFC2準拠の転送プログラムを
使う場合には作者名とリソース名をDATA文で登録する必要があるので量が多いと
大変ですよね。

FILES命令でリソース名は表示できるんだからそれを取り込んででDATA命令
形式のテキストに加工してテキストエディターに渡してファンクションキーに
定義すればFC2準拠の転送プログラムにそのリソース情報を渡せますよね。

と言う訳で作ってみたのがこのOT7FNGETです。FileNmageGETの略です。
取り込んだデータはuxtunoさん作のUX_TXTEDが無いと役に立ちません。
動作確認はVer 0.82で行いました。

作成されるデータの形式は
「DATA "author","filename"」
となりauthorの部分は@INITのAU$="xxx"で設定しています。
実行前に任意の作者名に変更して下さい。

最初に実行する場合はリソース名情報を初期化する必要があるのでRボタンを
押しながらSTARTボタンを押して下さい。
20131012_235514.jpg

初期化後にリソース名の取り込み方法の指示が出ます。
基本的には指示回数だけAボタンを押した後にSELECTボタンを押してから
STARTボタンを押して下さい。STARTボタンを押すとFILESコマンドで表示した
リソース情報を取り込んで次の取り込みのための操作方法が表示されます。
20131012_235454.jpg

取り込みが終わったと判断された場合はテキストエディターに渡すデーターを
作成するか確認を求められます。
20131013_002619.jpg

Aボタンを押すとデータを作成してテキストエディターを起動するための操作が
表示されるのます。Aボタンを2回押すとテキストエディターが起動します。

取り込み忘れなどに気がついている場合はBボタンを押して取り込み忘れた情報を
取り込んで下さい。指定回数Aボタンを押してからリソース名を取り込もうとして
重複と表示される場合はAボタンを押し過ぎてそれ以前のリソース名の情報を
取り込み損なっている可能性が高いので取り込みミスをしていないかAボタンを
押す回数を減らしてリソース名の取り込みを試して下さい。
20131013_002702.jpg

テキストエディターを起動するとOT7FNGETで作成したデータを取り込んで
起動します。

データは
「'***」で区切られています。一度にファンクションキーに登録出来る文字数の
目安となるマークです。リソースの数が多いと一度にファンクションキーに全ての
リソース名を登録出来ないので複数回に分けて下さい。
20131013_024726.jpg

Xボタンを押して範囲指定モードにしてから↓ボタンを押して'***マークの
手前までを範囲指定して下さい。
20131013_024755.jpg

STARTボタンを押してメニューを表示してファンクショントウロクを選択し
Aボタンを押すとファンクションキーに登録出来ます。
20131013_024815.jpg

任意のプログラムを呼び出して編集モードでファンクションキーを1〜4まで
順番に入力すると登録された内容が入力されます。
20131013_024849.jpg

プログラムを上書きした後にファンクションキー5を押してテキストエディターを
起動するとリソース名情報は保持されて起動します。
この際にCLEAR命令を実行してはいけません。待避データが消えてしまいます。
この作業を繰り返して下さい。

このデータはこうやま氏作のKYMFC2や拙作のOT7FSENDで利用可能です。

QR0
OT7FNGET_qr0.jpg

QR1
OT7FNGET_qr1.jpg
QR2
OT7FNGET_qr2.jpg
posted by otta777 at 03:09| Comment(0) | プチコンmkII | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。